タグ:感想 ( 330 ) タグの人気記事

今月はアントマンVSワスプ観にいったから映画はしばらくいいかな。
と思ってたらちょっと時間的についでに見れる感じになったので見ちゃいました。
ステイサムと鮫の映画とザ・プレデターと迷ったんですけど、コレにしました。
テレビアニメ版も観てたので、最終回観ててちょうど肩があったまってるところなので。
サメやプレデターはレンタルしても若おかみは多分レンタル出来る頃には「もういいかな…」になってる感じがして。
テレビ版の記憶が新しいうちにいっとかないとと。
あとなんか客入ってないと聞いたのでなんかこう。

感想としては良かったですね。面白いというよりは良かった。
序盤のいかにもなジブリ臭さには萎えましたが、終わってみるとなかなかこう心地よい余韻の残る良作で。
ただこれTV版見てるから一つ一つのエピソードの保管は出来るけど、これ単体で観てたらちょっと伝わりにくくない?って。
全体的にどの要素ももうひとつ描写が足りない気がして。もう10分15分長ければいい気がしたなあ。
まあでもメインターゲット的にこれ以上長いのはどうかとかそんな感じなのかな。

気になったのが何か個々のキャラのデザインというか絵柄に統一性がないというか。ここらへんTVはちゃんとしてたけど。
原作?に近い絵のキャラと、やたらジブリ臭くされたキャラと、何だろ90年代のガイナックスみたいなお姉さんと。
秋野姉妹もまた別のラインだよなー。
出てきてずっと萌え萌えだった姉と本当にきついピンクの妹さんと。
事故のトラウマ後からの挿入歌の間は吐血しそうでしたが…ホラン千秋めっちゃうまいなアフレコと思考を外に逃しつつ。
私のような大きいお友達ににもちゃんと目配せをしてくれている…
若い頃の峰子ばーちゃんが一番エロかったな。
あのー最初のロンゲのお父さんが髪をかきあげるシーンとかもだけど、動きのなめかしさはよかったね。

そうそう、券を買った時は席が二つくらい埋まってたんですが、始まってみると俺一人の完全貸しきり状態。
どこの席が一番見やすいのかなー、とか、座ってんの疲れたしちょっと体操~みたいな事が出来る。何なら横になって寝れる…(やってないけど)
こんな他人に気を使わないで映画見れるなんて中々ないね…!
大丈夫か若おかみと心配にはなりましたが。

最後そのままあのシーンで終わったのは良かったねぇ。
ちょいと短すぎて別れを悲しむほどまで高まってないのがアレな気がしたけど。
EDもちゃんとジブリっぽーいってなれたよ!

でもトータルでいい映画だった。とても。

ただまあ、いろんな意味でTV版の方がちょうどいいかなあ。





[PR]
先週見るつもりだったんだけど色々あって一週延びちゃった。

うーん長い。長いなあ。
さすがに途中でトイレ行っちゃった。

長いのはいいけど退屈で。
最初の方はまだ仲間が揃って関係を作っていくからまだいいけど、何せキャラがものすごく多くなっていってるから場面がポンポン変わりすぎて。
あと前半のシーンのほとんど暗くて。
今回はソーとストレンジ、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー中心なのでここらへん見てないとついてけないだろうなあと思いつつ。
俺バトルロイヤル見てなかったからあの短髪の眼帯の人誰だろう?ってちょっとw
サノスが思いの他つまんないキャラなのも退屈さに拍車が。
あそこの親子愛とヴィジョンたちのあれでもうなんか…後半眠くて。
サノス、あのー、メタリカの人に似てない? まあいいか。
あのー最後の石壊す壊さないで悶着の長いのとかもまた。日本の出来の悪い邦画のパターンみたいになっててきっついなあって。
ハルクだけなんかいいキャラ出してたな。

というか最後に出てきて消えちゃうだけのあの人ら不憫すぎるな。
まあ前後編の前編だしこんなもんか。
いやまあ話がどうとかってより話の造りがなんかぶさいくになってねって。
そこらへんうまい事やってきたシリーズだっただけに。

次は欠席だったアントマンの2かな?
ケヴィン・ベーコンほんとに出ないかな。
セバスチャン・ショウ?






[PR]
何か、3年目にもなると年末恒例感が出てきて楽しいよね。
うーんと6:4くらいで肯定的に取れる感じの按配でした。どこを見るかによってはこれが反対になる人の方が多そう。
トータルで見るとローグワンよりは好き。
前半のつまらなさはローグワンに匹敵してましたが、ここはすでに知ってるキャラがやってるって部分が大きいと思う。
うんざりはしてましたが。

見てて思ったのは今回の監督はやりたい(絵やメッセージ性、ギャグ)部分以外には気が抜けるタイプの人なのかなって。
部分部分のクオリティは高いけど、そこに行くまでの話運びとか絵とか、台詞とかはまあいいじゃん的な。
おっと思うシーンの合間に極端に間の抜けたカットとか入って、この雑な感じはB級映画によくあるタイプの歪さで、私正直そんなに嫌いではなかったです。
面白いと思うかは別で。いや話は正直この程度の規模の話せめて120分にまとめろとは思いましたが。
フィンの活動する部分は新キャラとともに全カットでもいいくらいなんじゃ。
実際なんか味方をピンチにする以外の行動取れてたっけ。
あとまあ言いたかないけどSF世界の巨大スクリーンで見たくない顔ってのは存在するよね。
SFはほら、どれだけ壮大な世界観に浸らせてくれるか勝負なところがあるから…カンフー映画でならまあ。
姉の 方に しとけ よ 。姉は姉でちょっと桐谷健太顔ではありましたが。
そういやあの牢屋にいたおっさんは完全に若いころの古谷一行だったなw

よかった部分はカイロ・レン。
あの気の抜けた表情の面長男がただ顔のアップだけでも持つくらいの演技力を。
いや前作はそういうキャラだから意図的にああしてたのかな?
というかもうレイと二人で支配しちゃえばいいじゃん!って。
しかしファーストオーダー、層が薄いな。というかあんなに小規模な組織だったんだなあ。
いや前作からそうだったのかもしれないけど、今回それがかなり浮き彫りになって、かなりこじんまりした話だなあと。
いやSF大作は無駄な壮大感がキモだから。
そういう面ではローグワンの艦隊戦は『大作SF映画見てるゥ』つー部分の満足感は高かった気が。

あとところどころの造詣、あのカジノで一瞬映る金持ちの女みたいな奴とか、血のように見える塩の大地とか、ホルド中将の見た目とか。好き。
ホルド中将のビジュアルはすんごい反乱軍でも浮いてたけどw
あとは人物アクションの部分とかよかったね。
しかしファズマさんの鎧はビーム防げるのね。一般兵のあれ耐性なさ過ぎて着てる意味なさ過ぎると思ってたからずるい。
エピ9ではもうちょっと活躍させてあげてほしいですね。
セーバーもってファズマ・ダイナミックとか出そうぜ。

何か壮大感は薄いので劇場で見るより家のテレビで見た方が面白いかも。
いや話がつまるとかつまんねーとかより、なんか壮大感に浸れない感じがダメっぽい。
いや今までだって話の規模よく考えればショボいとかあるけど、これからの広がりの予感とか無駄なバックボーンとかハッタリでそこはあったじゃん。
イコール大作感って乱暴にいっちゃうとこだけどw


評判が悪目だったのでハードル下げていったのがよかったのかも。
うんエピ9も観に行こう。
…来年はハン・ソロの外伝だっけ。




[PR]
うーん何か食い足りない感じ?
面白かったけど。
食い足りない割りに、この尺でやる話かねコレ感もちょっと。
あと30分くらい短くてよかったんじゃないかしら。
最後の戦いも暗所で見にくいし。
まあ次に期待か。
でもあの最後のご開帳したダサいスーツじゃなくて良かったよね。
元のに戻ってよかった。
そして相変わらずのスターク二次被害敵で安心した。
MJお前かよ。



[PR]
やったね父さん!明日はローグワンだ!
という事で見てきましたローグワン。
2週目だしそんな混んでもいないだろう。
と思ってたら今日は3連休の真ん中でクリスマスイブでした。
若干多めでしたなあ。真ん中は取れなかったけどまあ不自由はしない席でした。

感想はえー、まあまあでした。
後半の展開は、ああSF大作洋画を見に来ている…という感じになれて楽しかったです。
EP7の後半にこの盛り上がりがあれば最高なのになという感じでしたね。
ただまあそこに行くまでがなかなかに退屈で、映画館のいい感じの温度に当てられて何度かうとうとしかけました。

まずなんかキャラ立ち、はともかくとしてキャラ同士の絆の部分が雑なせいか、あんまり後半もノれなかったというか、何かこう節々の話運びが雑で、ん?となるんてすよね。
主要となるジンとキャシアンの関係性すら何かなんか。
いやまあそれを差し引いても後半は楽しかったんですけど。
チームもので何となく団結して何となく主役が命を賭けるくらい信頼されちゃう展開は何とかなりませんか。わりとよくあるパターンだけど。
あとちょっとキャラ多かったかな。パイロットあたりはいない方がまとまったかも。
それとなんかいいと思う部分でもあと少し間が足りない気がして。
なんか淡々トントンと進むんですよね。
最後のデータリレーももう少し長く一般兵がリレーしてくれたら俺泣いちゃったかもしれない。
あと最後の「希望よ」って言うのももうちょっとタメがほしかった。

いいところは
キャシアンの役者さんが沢村一樹に見えてくる問題。
ジェダの襲撃シーンでちらちら映る白いチューバッカみたいのかわいい。
あとやっぱスターウォーズのマシンがガンガン動いてるのは楽しい。
ダースベイダー、強くて怖い!
ドニー・イェンさんジェダイより強いだろ問題。
デス・スターの攻撃がやばそうでいい。

後なんか横に座ってた小さい子とお父さんの会話が…
父「カイロ・レンでなかったな」
子「あれは(説明中)」
という子供のほうが詳しいのが何かほっこりした。
お父さんEP7も息子に付き合ってあげてるんだなあ。

面白かったけどトータルではEP7の方が好きかなあ。
キャラ同士のつながりって大事だなあって。

でもまあ見てよかった。



[PR]
やっと観に行けたスーサイド・スクワッド!
シンゴジラやゴーストバスターズを振ってコレ!
何でかってハーレイ・クインを観たいから。
ハーレイが魅力的に描けていればクソ映画でもいいやという気分で。
結果的には大満足でしたね。
思ってたよりちゃんとハーレイだった!
ピエロファッションも着てくれてたし。
実写ハーレイとしては永久保存版ですな。
チチとハミケツがまあ凄いけど、あのちょっとハスキーになる声がいいよね。

でも映画としては65点くらいかなー。
いやちゃんと見たかったやつを過不足なくやってくれて、期待は満たしてくれたんだけど、予想は裏切ってくれなかったってところで。
ハーレイの部分はよかったけど、チームものとしてはデッドショットとハーレイに比率わり過ぎて後がおざなりかなあといった感じの。
というかあんな突然仲間とか言い出すほど全員にイベントあったかって。
仲間を信じない男でわざわざ出されたブーメランが特にたいしたアレもなく付いてくるし。
カタナとかキラークロックはまあいるだけ感?
出番の多いデッドショットとハーレイだって軽口叩き合ってただけだし。
メール横から盗み見てたら仲良くなっちゃった?
わざわざ悪役集める話でそんな結局いい人ですよアピールかっつー。
まあただ個々のキャラクターはいい感じに立っていた。
アマンダ・ウォーラーもわりと俺の知ってるアニメ版とかに近い憎たらしさが。
でももうちょい太ってる人でもよかった。

でね、今回よかったのはジョーカー。
すげえいいよね今回のジョーカー。
何この王子。濡れるわ(肝心なところで役に立たないけど)
ハーレイとジョーカーが一緒にいるところは俺の乙女回路にキュンキュン来ましたな。
とか思ってたらアレだ日本語吹き替えだとこやすくんだ。
俺が見たのは字幕だけれど。
ヒース・レジャーのよりいいなあ。
俺の知ってるジョーカーと違って心底惚れてる感がいいよね。

エンチャントレス様も何かかわいい。
変な踊りしてるし、一体ずつ作ってんのかよとか、弟いないとわりとダメダメだなお前感も。
エンチャントレス様はわりと最初から最後までうかつでマヌケ。

カタナさんは日本語でしゃべってくれるよ。
ズコーってなるよ。
そこも日本語字幕つけてくれってなったよ。
取ってつけたように設定を口で話してくれるよ!
見た目ほど印象的な活躍しないよ!

デッド・ショットは主役に近い位置だけにクソつまんないキャラクターになってるけど、雑魚一掃するところとかかっこいいのでよし。
でもなんかお前のガキ大事話しつこいんでもういいです感が。

バットマンとフラッシュも出るよ!(助けてくれないけど)
リーグ作ったらそのチームつぶすから解散しとけってバットマンが。

最近のアメコミ映画にしてはハデさもカタルシスもイマイチたんないけれど、ハーレイ見にいく分には最高だったよ!



[PR]
これはアレだな俺が見たかったスーパーヒーロー大戦。
なんかこう大きいアレにミサイル撃ちこむ感じは最初のムービー大戦の仮面ライダーJ思い出したね。
あんなんと一緒にするな感はまあございますが。
日本の特撮よコレがヒーロー映画だ ! 的な。
やっぱヒーローを理由付けて戦わせる以上双方対立するに納得できる理由作らないとダメよね。
今回の理由は過去の映画でいろいろ被害だし過ぎました…
シリーズ見てれば見てるほどまあねそりゃねと納得できる痛いところである。

今回は2D字幕で見ました。
いつも見てるところがIMAXかMX4Dでしかやってなくて。
3Dメガネ嫌いな上に無駄に高いので、一つ遠いところに。
吹き替えが見たかったのだけれど、席に余裕のある字幕に。
アントマンとかは字幕で見たんだけど、アベンジャーズはコレまで吹き替えで見てたのでキャップの声とかすげえ違和感あるな。
別に映画は吹き替え派ってワケでもないけれど、こゆヒーローアクション映画は日本語の方が脳髄にドンと入ってくるし、アクションも追いやすいからねえ。
芸能人吹き替えだってもう何回も付き合ってんだからその声でなじんでるんだよ。

感想としては面白かった。
もはやこのシリーズにそこは何の不安も感じてないんだけれど、毎回ちゃんと想像の上を行ってくれる楽しさ。
ああエンターテイメントって素晴らしいって毎回感じさせてくれる。
ただまあスケールとしてはグッと小さくなっている。まあ被害出して怒られてる話なのでそうドカーンもねえだろって事なのかもしれない。
しかしアベンジャーズもウルトロンも今回も内輪もめか。そしてガンガン身を滅ぼしているのだなあ。

後からねじ込んだであろうスパイダーマンもさりげなく話の筋とは無関係でない存在として入れ込む脚本は素晴らしい。
スタークたちの今揉めている事の信念に基づく戦う理由を持つ少年。スカウトしちゃうなこれは。
あと今回のメイおばさんは若過ぎて間違いを起こしちゃいそうです。
多少何か全員顔合わせのシーンはCGです感が強かったけれど。

あと今回の新顔2のブラックパンサーこと陛下。
現れると「陛下」と呼びたくなる陛下もかっちょよかった。
この人もうまい事話のテーマにそった存在になってて素晴らしい。
人の振り見て我が振りも直せる陛下、さすがです。
どっちも単独映画楽しみ過ぎる。

ウィンターソルジャー軍団は残念だったけど。
こちらも4人だったから一人ずつかなと思ったけど。
まあ醜くも悲しい最終決戦の犠牲になったのだ。

キャプテン死んでバッキーが二代目になるのかなと思ってたけど、違いましたね。
今回の見所はヘリを止めるキャップの力瘤。
キスシーンを見てニヤニヤする親友たち。
雑魚だと思ってたら色々できるぜファルコンさん。
の三本で。

そうそう前の映画であったヒーローと再会して一言言う感じも初期ムービー大戦ぽい感じかも。
思ってたよりずっとキャプテンアメリカの映画だった。

これからも目が離せませんなあ。
[PR]
去年は特にホラー映画に目覚めた年だったので、ちょいと思い出して去年借りて見たのメモってみた。
こゆ時ブログやってると思い出し易いね。
△が普通
●▲は出来としてはともかく特に好きなの。

f0128873_22582624.jpg

f0128873_2258780.jpg



ゾンビ映画からシフトした感じなあ。
正しくはホラーってよりスプラッタなのまとめて。
[PR]
薦められたファイナル・デスティネーションが面白かったので、今出ている5作を制覇。
シリーズ物は大体どれかはすごくつまらないものがあるのだけれど、基本構造がしっかりしているのか、どれも楽しく見れた。
まあその中で優劣は発生するものの。


主人公が事件を予知。その場で暴れだし、何人かがついていく。事件発生してその何人かは生き残る。
そこから死の帳尻を合わせるために順々に事故死していく。
何人か死人が出たところで主人公が帳尻合わせに気が付き、生き残りにその事を伝える。
信じないやつとかがいい感じに死んで、死のルールが見えてくる。
そこを何とか搔い潜り、死のルールから離脱する。
と思ったらオチで全滅する。

というのが毎回の大体のパターン。
何かが殺しにやってくるわけではなく、その場にあるものが連鎖的に組み合わさって殺しに来る、誰が言い出したのかヒトコロスイッチ。
これで死ぬのかな?あれで死ぬのかな?と周りの危険なものわ映しつつ、フェイクだったり色んなものの合わせ技で面白スプラッタな感じの悪趣味楽しい映画。

1・ファイナル・デスティネーション
2・デッドコースター
3・ファイナルデッドコースター
4・ファイナルデッドサーキット
5・ファイナルデッドブリッジ
の順番で出ており、どれがシリーズでどれが何番目かすげえ分かり難いつくりに。
原題はデスティネィション2とかなのに邦題で余計なことしちゃったんだってさ。
俺も今まで見てなかったのどれがどれだかわかんなかったから。
レンタルビデオの棚だと、またヒット作だから似た様なタイトルの関係ない作品も多くあって。
同じ感じでまだ見てないのが最〇〇〇計画系。

個人的評価としては、面白いのは2と5、一番好きなのは3。
2と5は両方1は見た後がいい作りなので、3つでお勧め。
3自体は多分出来はイマイチなほうなんだけれど、死に方のセンスが往年のスプラッター映画感があって、安心する楽しさというか。
俺は好き枠に。

6作目もやるようだから次は映画感で見ようかなあ。
5作目で大分集大成感があったけど。
EDで今までのシリーズの死にシーンが流れるのw


[PR]
近場のレンタルビデオ屋でアローのセカンドシーズンが旧作になってかつ全部あったのでまとめて借りる。
前半三巻は前に借りてたんだけれど、間を開けてあと9巻。
45分が3本入ってそれが9巻だから結構なもんですね。
でもせっかくだからもう1本借りて。
サードシーズンももう来てんのね。
まあアローは置いておいて、その借りた一本がマーターズというフランスのホラー映画でこれがなかなか。
前にゾンビ映画のザ・ボード死霊の大群ってのを借りて、これがまあそんなに面白くはないけど、まあゾンビが頑丈で…
レビューとか見てたらソレがフランス製で。
でまあフランス製ホラーが他にお勧めされてたので借りちゃったと。
いやー映画館で見たら相当キツそうだコレ。
最近ゾンビ類の楽しいゴア系ばっかりだったからなかなか。
いいやフレンチホラー。
[PR]