人気ブログランキング |

2011年 03月 28日 ( 1 )

見ちゃったガッツリ4時間ちょい。
実はシリーズのほとんど見てたりして。
1期2期は生まれてないけど再放送でやってて。
4期~5期くらいまでは普通に見てて6期7期は妹が見てて、俺も見るようになって。。
そこから先はたまにかな。見れる時は見てた。
後半なんか鬱屈した展開多かったし。
半年やら一年やったりするもんだからまあ出てきた生徒もほとんど覚えてたりで。
現行生徒の置いてけぼり感はしかたないけれども。ああ懐かしい。
懐かしいはいいんだが次々今の問題児の前に現れる元生徒たちはちょっと怖い。
なにこれ組織ぐるみ的な。
加藤役の人、役者辞めてるのに十分な演技だったなあ。
4時間あって最後は今までの集められた生徒の名前とか呼んでいくのでかなりの時間が。
最初の方にCM連発しててウザいなあと思ったら後半カット入れないためだったのね。
しかしまあ軸になる話はなんかスカスカで。放火犯アレだしトントンと問題解決するし、なんだ心臓どうしたよと。
加藤関連で手早く解決してもよかったかもね。
まあ生徒役より歴代教員のそろいの方が嬉しかったな。
さすがになくなってる方も多かったようだけれど。
学生時代ー金八先生のような先生に出会っていたら・・・
多分鬱陶しいな(汗)
精神論多いし。
しかしよいドラマだった。懐かしいという一点が強いけれど。
多分4期か5期だったと思うけれど
「人という字は~」に「入るもそうですよね?」としれっと返した子が忘れられない。
しかしDVDボックス…鬼だ。
役者が大声出して説教できるギリギリのいいラインで最終作作ったよね。
いい判断だ。
上戸はでなかったなあ。
乾先生は今回もいいお声でしたと。


関係ないけど。