人気ブログランキング | 話題のタグを見る

無限英雄 第6話(その1)

第6話『ゼニレディ』(その1)
無限英雄 第6話(その1)_f0128873_17513018.jpg

                       『サチューカン』
                          







『ゼニレディ』
 彩子の母親が食事を運んできた。
 いつものように病的な表情で、礼を言った京介に小さく会釈すると、部屋から出て行く。
 新しく出来た秘密基地のトレーニングルームだ。
 体を鍛えるための器具が揃っており、その全てがコンピューターで制御されている。
 要望があればいくらでも追加してくれるらしい。
『前から聞こうと思っていたが、ゼノ・インパクトはどうやって編み出したのかね?』
 ブレインが彩子の母親が作ってくれたサンドウィッチを口に運びながら、格闘技の本を読んでいる京介に話し掛けた。
 ゼノ・インパクトはインフィニティの必殺技だ。
「ああ、骨法の徹(とお)しを自己解釈でやってみた」
 ゲームのキャラクターが似たような技を使っていたから真似してみたのが本音である。
 そのゲームのキャラクターが骨法の使い手なのだ。
「なんかこー、手からビームとか出るようになんないかね」
 と、立ち上がって、掌を前に突き出した。
『やめておけ、武器ならいくらでも用意してやる。内なる力などアテにならない』
 ブレインが用意してくれた装備に銃もあったが、京介はなかなか使う気になりないのである。
 殺してしまいかねないからだ。
 小さい消しゴムの固まりを指で弾くだけでも、人間なら殺せるくらいの威力を持たせられる能力の為に、銃など使えばどうなるかわからない。
「ま、色々試してみるさ」
 京介は食事を終えて立ち上がると、手をぐるぐると回して、シミュレーターの部屋に向かって行った。

 
 千両範子(せんりょう のりこ)は大きなビンにビッシリと小銭を詰めたものを、銀行の窓口で両替を頼んだ。
 貯金が趣味の女。確かにそうではあるが、彼女は銀行を変えて、この一週間で5回は両替を行っている。
 両替されて帰ってきたお札を財布に収めると、範子は銀行を後にした。
 彼女も能力者である。
 範子は膨大な借金を抱えて夜の仕事の勤務をしていた。
 蒼い雪が降った夜、彼女は借金取りに暴力を受けて倒れていた。
 何とか死守した500円玉を見ながら、彼女は思った『金が欲しい』と。
 そして手にした能力はお金を操る能力。
 さっき両替したお金も、道に落ちていたものを集めたものである。
 基本的に善人なのか、ただ気が弱いのか、盗みはしない。
『これで借金も返して、働かずに暮らしていける』
 そう思ったが、困った事にこの能力は硬貨しか扱えないという弱点があった。
 そしてまあ、落ちているお金など、10円や1円玉がほとんどだ。
 膨大な借金を返すには焼け石に水だ。
 そして、振り込むには札である必要があるために、こうやって両替に勤しんでいるわけである。
「…なんなのよこの能力」
 昼どきのうららかな気候の公園のベンチに座り呟く範子の手の平に、ちゃっと五枚目の一円玉が、どこからか飛んで来て収まった。
「まあ…食べていく分には、十分なんだけど」
 手の平に集まった硬貨の中の100円と50円をより分けると、自動販売機に入れた。
「なるほどねぇ、なかなかにみみちい能力だ」
 買う飲料を決定しようと販売機のボタンに触れようとした範子は、その声に指を止めた。
「…誰?」
 範子が聞くと、野球の装備…ヘルメットにユニフォーム、バットにスパイクと場に似合わないいでたちの男が立っていた。
「俺はサチューカン…お前と同じネクスターだ」
 範子はネクスターという言葉に聞き覚えはないが、ただならぬサチューカンの雰囲気に、身構えた。
「見たところ戦闘能力にはつながらねぇショボいネクスト能力のようだが…あの方の命令だ。狩っておこう」
 持っているバットをとんとんと肩に当てながら、物騒な事を言い出した。
「俺様の強襲ヒットであの世に行きな!」
 サチューカンの左手からボールが生まれると、それをバットで強打した。
 凄まじい速度の剛球が一直線に範子に向かって飛んだ。
「!?」
 範子が防御するように手を顔の前に反射的にもってくると、範子に当たる寸前に、横から飛んできた何かにボールは弾かれてしまった。
「何ぃ!?」
 驚愕するサチューカン。
「確かに金額的にはショボいけど」
 範子はひしゃげた十円玉5枚を手の平に集めた。
 今のはこの十円玉が横から高速で飛んで来て、ボールを横から弾き飛ばしたのである。
「なめたマネおぉぉ! 殺人!千本!ノック!じゃぁ!!」
 サチューカンはボールを次々に生み出すと、すごいスイングでそれを打ち出した。
 無数の殺人ボールが範子を襲うが、硬貨がそれをことごとく阻んでいく。
「…なあっ…」
 全て弾かれ、ノックの疲労で肩を揺らしながら、サチューカンが信じられないという視線を範子に向けた。
「悪いんだけど、帰ってくれないかな」
 範子は困った表情で言った。
「バカいえェェ!こんなコケにされてぇ! 男が黙って帰れるかぁ!!」
 サチューカンがバットを振り上げた。
「そっか、じゃあ仕方ないかな」
 範子がそう言うと、サチューカンの地面以外の全包囲に、硬貨が浮遊して取り囲んだ。
「な、なっ…」
 範子が右手で空を薙ぐと、硬貨のいっせいにサチューカンに向けて動き出した。
 無数の硬貨のツブテがサチューカンに降り注ぐ。
 一円玉はともかく、硬貨は硬いのだ。
 ツブテが通り過ぎると、血とアザだらけになったサチューカンが前のめりに倒れた。
 間 球太郎(はざま きゅうたろう)は野球バカで、青い雪の夜には遅くまで素振りをしていたのだった。
 その欲求はもちろん野球がうまくなりたい、というものであった。
 範子は気の毒そうに倒れたサチューカンを見ていたが、その場を離れようと振り向いた。
 振り向いた先に、バイクに跨りながらこちら見ているインフィニテと目が合った。
「…あっ」
 白昼で出会うヒーローは、わりと奇抜な格好でびっくりする。
『…それ、あんたがやったのか?』
 倒れているサチューカンに視線を移すと範子に尋ねた。
「や、あの、これは…」
 範子はインフィニティの事は知っている。最近ニュースにもなるマスクヒーローだ。
 この状況では誤解と弁明しても信じてくれないだろう。範子はそう思い言葉に詰まった。
 自分の能力についても説明しなければいけない。
『…あんたも能力者か?』
「そう、なのかな…?」
 範子は自分が目の前のヒーローや倒れてるサチューカンと同類という意識はないが、人にない能力という点では自覚している。
 サチューカンが口にしていたネクスターという単語が、その能力者を指しているのだと理解できた。
「ち、ちがうの、コレは…この人が襲ってきて…」
 自分の能力に対する知識を相手が持っているなら、ちゃんと説明するのが一番だと思い直した。
『まあ…』
 倒れているサチューカンのいでたちを見れば、範子の言葉に嘘はないと思えた。
『うんまあ、とりあえずちょっと…話だけ聞かせてもらえますか?』
 範子はうなずいた。
by ookami102 | 2008-07-28 17:52 | 小説 | Comments(0)