たんたんたぬきの

たぬきとかけましてー。
最近アレですなー、暑いですなー・・・とー、とく。
そのこころは?
ね・た・ふ・り☆
そうやなあ、7月でこんな暑かったら12月になったらどうなってまうねん。
さむいやないか。
こんばんわ。

細田守の時をかける少女がテレビでやってたので見た。
タイムリープするとこがデジモンの劇場版の時と同じで笑ってしまったが。
しかしまあ原田知世ン時も、何かリメイクした時もそうだったが、やはり未来から来たってアレだあなあ。色々台無しな気がするなぁ。
でもまあ細田作品ぽく動きまくりで小さいネタいぱい入ってて面白かった。
惚れた腫れたの話があんまり好きじゃないのでまあすげえ良かったとは言いませんが、さすがに面白いなぁ。
コレがただの三人の友人の話だったら大絶賛するところであった。危ない危ない。
相手が悪かったよ勇気物語と七光りジブリん。うん。
時間を止まれ的な場面でロードローラーの後の条太郎のようでいい場面なのに笑ってしまったり。
そしてアレだけ飛んでも跳ねても走ってもパンチラしない超ミニスカ。すばらしい。ガドガードクラスだ。
そして消火器振り回した男子がどうなったか気になるー。
でもデジモン劇場版よりはちょっと劣るかなー。


悪を断っちゃう剣なの
いや「剣なの」の部分の声がツボったのでふふふ。

おかーさーん!
おお、しばらく見ないうちにこんなゲームになっていたのか。
モータルコンバットみたいだ。
斬九郎くらいからやってないからなー。

↓電王・プリキュア5の感想



今週の『電王』
クライマックスシーンに手が足りないんだ。
って事で桜井とタロス達によりゼロライナーに強制連行される良太郎。
翌朝、部屋で目覚めると記憶がない。
ジェントルメンコーヒーでモモとキンがジェントルに。
今回のイマジンは恒例の蜘蛛男。
本来一話に出る敵なのだ。二話が蝙蝠男で。
どうやら映画版の彼らがテレビの世界の時代に乱入してる感じの話ぽい。
なるほど、予告で全部のタロスがそろってるからくりが分かった。
この場面も劇場版で流れるんだろうか?
店のお客さんがイマジンに契約されたことを知り、桜井と病院へ。
今回の契約は「妹に星を見せる」
鉄塔にでもくくりつけてやる。
おっ、ゼロノスの挿入歌だ。しかしデネブだけで勝てたんじゃないかと・・・
良太郎を連れていったのは劇場版の時間の桜井なので、途中で良太郎に消えられたテレビの桜井はカンカン。
来週は渡辺さんも出るんだ。
タイアップが過ぎるなぁ。いや大好きだが。
ライダーやるならこの作品に参加したかった…。

今週の『プリキュアV』
そこで待っていたのは・・・悪夢だった。
ワンツースリッフォー!♪
という偉い落差で始まる今回。いつも多人数で責められる敵側の気分を少し味わえ五人戦隊。
ナイトメアの仮面をつけたさらわれた4人組がのぞみの前に。
これは絶望の仮面、とりつけたら絶対に取り去る事はできない。
よくもみんなをーってな感じでいつもより早い変身。
そこを4人が取り押さえる。そしてのぞみも絶望の仮面をつけられてしまう。
すべて終わった後に五人は自分で穴に飛び込むように指示され、落ちていく。
現実を忘れ幻想の世界に取り込まれるのぞみ。
よくある都合のいい世界シフト。ああ俺もその仮面ほしい。
いやんココ人間体がカッコイイん。ときめくわ。
ココの言葉にのぞみの仮面にヒビが。
そして何故かお花畑で抱きあう二人(笑)
残念なのは絶望からの脱出が早すぎること。先週一話使ってジックリやれてたからよかったんだけどなぁ。
カワリーノさん言っちゃいます「馬鹿な!」
4人を救うべくドリームは都合のいい世界に再び入り呼びかける。
そしてセーラーテレポートだ!(実際テレポートしてる)
ワリと簡単に戻ってしまう4人。何か拍子抜けだなぁ。
カワリーノさんが怖すぎる。
そしてコロシアム空間へ。さあ戦いだ。
いやに五人同時キックもきかない。ライダーなら最強技なのにー。
カワリーノさんはひとりひとりに囁くが、誰も構ってくれない。
とりあえずりんちゃんは黄色にまず謝るべきだよね。失言でした。
カワリーノさんによってさらに強化されたカマキリ。ザ・ピンチ。
そしてまあパワーアップアイテム登場。
と思ってたらメカだ(笑)メカで体当たりだ・・・
戦隊の五人バズーカみたいなものか(大汗)
作画も良くてまあ満足か。個人的にはもう一話くらいに渡って絶望して欲しかったが。
絶望した!プリキュアに絶望した!イッテミタカッタダケ。
来週はプリキュア合宿!きっと祥子さまの別荘とか行くよね。軽井沢の。
[PR]
by ookami102 | 2007-07-22 00:00 | 特撮・アニメの感想 | Comments(0)