人気ブログランキング | 話題のタグを見る

おとなのかいだんのーぼる

どうも、怪男児のぼるです。
俺はシンデレラだー!幸せは誰かが運んでくれるぜ!
だが少女じゃネェ!
こんばんわ。

友人と7時間チャットというアホな事をしてしまいました。
しかも途中からアンパンマンをフンパンマンと打ち間違えてから、ンコ話に。
「腹が減った?クソでも喰らってなカバ野郎・・・どうだうまいか?美味いっていえよぉ!」
ビチ子さんとジャブおじさんが助けにきてくれるよ。
今日のゲストはゲリベン太郎と座薬姫。モラシム大佐とか。
エンディングはフンパンマン体操だ。しゃがんでー、照準定めてー、ブバー!
最悪です。20も半場の男2人が深夜にンコ話。とにかく最悪です。
ンコ味のカレーパンマンとかカレー味のンコパンマンとか。小学生かと。我ながら悲しくなってくる。

それはさて置いて、そこの流れでまあ『やっぱアホーガンよ!』の話題に移ったのですよ。
まあ、小学生当時にやってた、下品極まりないンコ漫画なんですが・・・ヤフオクで検索してみたら、6巻で15000円とかついてた・・・単巻でも3000円以上。
世の中って恐ろしい・・・。
まあそこからボンボンコロコロ話に。
つっても俺はデラックスボンボン、別冊コロコロに走ったオタク予備軍だったわけですが。
爆風ドッヂボールとか、V8キッドとかもう一回読みたいわ。
何はともあれボンボンと言えばガンダム漫画。
『タマロイド超Cガンダム』好きでねー。ガンダムの顔に手足とヴェスバーっていう思い切ったデザインが素敵でした。
プラモで出してくれ、MGで。買うかもしれないぞ。
まあそこから、オニギリを食うシーブックの話に。
漫画版Vガンダムのウッソ違いっぷりも有名だけど、F91の漫画版もかなり性格違います。
「わははは すげェすげえぞ こいつは最強のガンダムどぁーッ!!」
ちなみに本物シーブックは優等生のオトコマエです。 
この性格でスパロボ出してくれないかなー。

おとなのかいだんのーぼる_f0128873_23522264.jpg

サークルのトップ絵。やっぱり似ない上におデブさんに見えてヘコむ。
最近ロボとマッチョしか描いてなかったからなぁ。精進精進。フトモモが暴走しがちだ。

↓オリジナル小説・武者アストレイ10話。絵なし。



第10話『照舞里海(でぶりかい)の死闘』
 情報屋流・鬼井耳(るきいに)と占い師エリサは武留宇(ぶるう)達を追って具霊歩夜阿土(ぐれいぶやーど)周辺まで来ていた。
「ねぇ、なんで私たちまで後を追わなけりゃならないわけ?」
 めんどうくさそうにエリサがボヤく。
「ふふふ、兄弟の再会を演出してやろうというのさ」
「そこが理解しがたいのだけどね。まあいいわ、それじゃヒト働きして来ますか・・・行くよ布餌業(ふえご)」
 エリサは仁(ジン)の仮面カブトをかぶると、布餌業・仁を従えて、武留宇(ぶるう)達に襲い掛かった。

 突如襲い掛かってきた二体の仁(じん)に武留宇(ぶるう)と異雷蛇は苦戦を強いられていた。
 風花は安全なところに避難させてある。
 実力もさる事ながら、ここは浮遊石が舞う照舞里海(でぶりかい)。相手はその浮遊物をうまく利用して巧みに攻撃をしかけてくる。
「うぬっ!?」
浮遊石の影から現れた仁の攻撃を、間一髪で武留宇(ぶるう)はやりすごす。
「はははは、意外といい反応だねボウヤ!」
 エリサの仁、天兵守絶亞(テンペスター)はそう言いながら軽い身のこなしで浮遊石を足げにして飛び、また影に姿をくらました。
「あの動き、忍びのものだな・・・武留宇(ぶるう)、ヤツの相手は俺が・・・もう一体は頼む!」
 異雷蛇はそう言うとエリサを追って行った。
「・・・頼まれたはいいが、もう一体の位置もまったくつかめん・・・ぬっ!?」
 武留宇(ぶるう)目掛けて無数の箕砕流(ミサイル)が浮遊石を器用に避けて飛んで来た。
「うおおっ!!」
 箕砕流(ミサイル)が着弾し、砂煙を巻き上げた。

「ふふふふふ、ここの浮遊石の軌道はすべて知り尽くしている。さあ、早く来ないと弟が大変だぞ」
 遠くからその光景を眺めている情報屋流鬼井耳(るきいに)は嬉しそうに呟いた。

「私に付いてこれた事は褒めてあげる。けど・・・あんたじゃ私には勝てっこないよ」
 エリサ仁は追いついてきた異雷蛇に不適に言い放つ。
「叢雲の忍をなめるなよ! はっ!はっはっ!!」
 異雷蛇の投げた手裏剣をエリサ仁は、横に流れてきた浮遊石を軽く移動させる。
そして手裏剣がその岩に見事に刺さった。
「ふふ、どこまで待ちこたえられるか・・・見せてもらおうじゃないか」
エリサが不適に笑った。

「うおおおっ!!」
箕砕流(ミサイル)の雨をかいくぐり、武留宇(ぶるう)は何とか箕砕流(ミサイル)を撃っていたMSにたどり着く。
「我等に何の恨みがあるかは知らぬが・・・斬らせていただく!」
 そうMS布餌業(ふえご)に武留宇(ぶるう)の刀が届くも、その堅牢な盾にはじかれてしまった。
 そして、その刀をはじかれた死角を狙い小型箕砕流(ミサイル)が無数に撃ち出された。
「こんな至近距離で・・・!?」
 普通ならば撃った相手も爆発に巻き込まれるが、布餌業(ふえご)にはそれを物ともしない装甲があるのである。
 箕砕流(ミサイル)の爆煙が広がった。

「おやおや、あっちもそろそろ決着のようだね」
 その爆煙を確認したエリサ仁は呟くと、肩を揺らしている異雷蛇に向き直った。
 異雷蛇は仮面が割れて、顔の一部が露出していた。
「あら、顔はなかなかいい男だけど・・・金と実力がないと私の相手はつとまらないわ」
 そう言ってトランプを片手で広げると、異雷蛇に向けて手裏剣のように投げた。
「ううっ!」
 無数のトランプが異雷蛇をかすめて飛んでいき、カッターのように異雷蛇を切り裂いていく。
 すべてのトランプが通り抜け、ややあって異雷蛇は地面につっぷして倒れた。
「ふん・・・こんなヒヨッコ、わざわざ照舞里(でぶり)で待ち伏せなくても・・・」
 次の瞬間、背後に殺気を感じたエリサ仁はその場を飛びのいた。
 そこを風通り過ぎた。
そしてエリサが立っていた場所の一直線上にあった浮遊石がすべて分断されていた。
「こ、これは・・・布餌業(ふえご)!」
 エリサは武留宇(ぶるう)の相手をしているはずの相方の名前を呼んだ。
 そしてエリサは見た。浮遊石と同じく真っ二つになっている相方と、その斜線上で刀を振り下ろしている一機のMSの姿を。

続く。  
 
by ookami102 | 2007-04-16 00:00 | Comments(3)
Commented by Bear at 2007-04-16 02:07 x
ども、送り返していただいたブツ受取りました。
けっこうなオマケありがとござますです m(_ _)m

野郎同士でンコの話とかってつい盛り上がりますよね。
その気持ちはとってもよくわかる<どうやら<a href="http://w-nise.ddo.jp/~bear/think6.html#05">同類</a>らしい(笑)
Commented by lazyman at 2007-04-16 17:20 x
今日のゲストはゲリベン太郎…まで読んだw

きたねーな、をいw
Commented by ookami102 at 2007-04-16 19:42
>Bearさん
どこらへん興味あるか分からなかったので、適当に手当たり次第詰めておきました(汗
ンコは男の永遠のツボのようですね(笑

>ラメンさん
40こえた男性にも、ンコで笑いが取れて嬉しいわ(笑
馬鹿馬鹿しいと思いつつ笑ってしまうンコマジック。おそるべし。