人気ブログランキング | 話題のタグを見る

キャプテンアメリカ シビル・ウォーみてきたー!!

これはアレだな俺が見たかったスーパーヒーロー大戦。
なんかこう大きいアレにミサイル撃ちこむ感じは最初のムービー大戦の仮面ライダーJ思い出したね。
あんなんと一緒にするな感はまあございますが。
日本の特撮よコレがヒーロー映画だ ! 的な。
やっぱヒーローを理由付けて戦わせる以上双方対立するに納得できる理由作らないとダメよね。
今回の理由は過去の映画でいろいろ被害だし過ぎました…
シリーズ見てれば見てるほどまあねそりゃねと納得できる痛いところである。

今回は2D字幕で見ました。
いつも見てるところがIMAXかMX4Dでしかやってなくて。
3Dメガネ嫌いな上に無駄に高いので、一つ遠いところに。
吹き替えが見たかったのだけれど、席に余裕のある字幕に。
アントマンとかは字幕で見たんだけど、アベンジャーズはコレまで吹き替えで見てたのでキャップの声とかすげえ違和感あるな。
別に映画は吹き替え派ってワケでもないけれど、こゆヒーローアクション映画は日本語の方が脳髄にドンと入ってくるし、アクションも追いやすいからねえ。
芸能人吹き替えだってもう何回も付き合ってんだからその声でなじんでるんだよ。

感想としては面白かった。
もはやこのシリーズにそこは何の不安も感じてないんだけれど、毎回ちゃんと想像の上を行ってくれる楽しさ。
ああエンターテイメントって素晴らしいって毎回感じさせてくれる。
ただまあスケールとしてはグッと小さくなっている。まあ被害出して怒られてる話なのでそうドカーンもねえだろって事なのかもしれない。
しかしアベンジャーズもウルトロンも今回も内輪もめか。そしてガンガン身を滅ぼしているのだなあ。

後からねじ込んだであろうスパイダーマンもさりげなく話の筋とは無関係でない存在として入れ込む脚本は素晴らしい。
スタークたちの今揉めている事の信念に基づく戦う理由を持つ少年。スカウトしちゃうなこれは。
あと今回のメイおばさんは若過ぎて間違いを起こしちゃいそうです。
多少何か全員顔合わせのシーンはCGです感が強かったけれど。

あと今回の新顔2のブラックパンサーこと陛下。
現れると「陛下」と呼びたくなる陛下もかっちょよかった。
この人もうまい事話のテーマにそった存在になってて素晴らしい。
人の振り見て我が振りも直せる陛下、さすがです。
どっちも単独映画楽しみ過ぎる。

ウィンターソルジャー軍団は残念だったけど。
こちらも4人だったから一人ずつかなと思ったけど。
まあ醜くも悲しい最終決戦の犠牲になったのだ。

キャプテン死んでバッキーが二代目になるのかなと思ってたけど、違いましたね。
今回の見所はヘリを止めるキャップの力瘤。
キスシーンを見てニヤニヤする親友たち。
雑魚だと思ってたら色々できるぜファルコンさん。
の三本で。

そうそう前の映画であったヒーローと再会して一言言う感じも初期ムービー大戦ぽい感じかも。
思ってたよりずっとキャプテンアメリカの映画だった。

これからも目が離せませんなあ。
by ookami102 | 2016-05-05 18:37 | 特撮・アニメの感想 | Comments(0)