タグ:特撮 ( 591 ) タグの人気記事

レンタルでホラー映画を借りて見るのが2年位前から趣味で。
見るたびに何となくリストと見たときの評価をメモ帳に書き込んでまして。
今年はもう見ないだろうなーって感じで今年の一覧。
×△○◎の順番で
▲は出来はともかく個人的には好きなもの
●は個人的にも面白くて他人にも勧めたいもの。
f0128873_215720.jpg

f0128873_215125.jpg

古典名作はともかく今年見た中でお勧めしたいのはゾンビマックスとヒルズハブアイズかなあ
…ヒルズハブアイズ2つあんななんでだろ
まあいいか
[PR]
ちょっとした付き合いで「怒り」という上映中の映画を見に行くことに。
基本的には映画館には付き合いでもないと邦画は見に行かないタイプなので、これの前に見たのもこれまた付き合いで見た踊る大走査線のファイナル。

冒頭にいい感じの殺害現場とピエール瀧の刑事が出てきて、こりゃいい感じのサイコサスペンスものかと思って期待したら、そんな事もなかった。残念。
というか驚く事にこのピエール瀧の刑事、話にまったく絡まないというか活躍しないある意味贅沢な使い方だ。
ガンガン人が殺されていく系の話かと思ったら人5人くらいしか死なないし。しかも2人病死。
というよりそこの本物の犯人周りの雑な展開を見ると、やりたかったのはここじゃないのね感は。
あと無駄に長いよね…。
ここ2、3年前に話題になった事件を散りばめてみましたよーって感じの。
ああ邦画らしいなーって。
沖縄のデモのところとかいるかあれ?

見所は妻夫木聡と綾野剛のホモセックスシーン。
延々とイチャイチャしているよ。前の座席の女子2人が爆笑していたよ。

しかし最後あれ、みんなとりあえず不幸にしたのにあいつらだけズルいので、せめて迎えにいった先で借金取りに見つかってまた風俗に戻されるってオチだったらまとまりよくないですかね?




[PR]
やっと観に行けたスーサイド・スクワッド!
シンゴジラやゴーストバスターズを振ってコレ!
何でかってハーレイ・クインを観たいから。
ハーレイが魅力的に描けていればクソ映画でもいいやという気分で。
結果的には大満足でしたね。
思ってたよりちゃんとハーレイだった!
ピエロファッションも着てくれてたし。
実写ハーレイとしては永久保存版ですな。
チチとハミケツがまあ凄いけど、あのちょっとハスキーになる声がいいよね。

でも映画としては65点くらいかなー。
いやちゃんと見たかったやつを過不足なくやってくれて、期待は満たしてくれたんだけど、予想は裏切ってくれなかったってところで。
ハーレイの部分はよかったけど、チームものとしてはデッドショットとハーレイに比率わり過ぎて後がおざなりかなあといった感じの。
というかあんな突然仲間とか言い出すほど全員にイベントあったかって。
仲間を信じない男でわざわざ出されたブーメランが特にたいしたアレもなく付いてくるし。
カタナとかキラークロックはまあいるだけ感?
出番の多いデッドショットとハーレイだって軽口叩き合ってただけだし。
メール横から盗み見てたら仲良くなっちゃった?
わざわざ悪役集める話でそんな結局いい人ですよアピールかっつー。
まあただ個々のキャラクターはいい感じに立っていた。
アマンダ・ウォーラーもわりと俺の知ってるアニメ版とかに近い憎たらしさが。
でももうちょい太ってる人でもよかった。

でね、今回よかったのはジョーカー。
すげえいいよね今回のジョーカー。
何この王子。濡れるわ(肝心なところで役に立たないけど)
ハーレイとジョーカーが一緒にいるところは俺の乙女回路にキュンキュン来ましたな。
とか思ってたらアレだ日本語吹き替えだとこやすくんだ。
俺が見たのは字幕だけれど。
ヒース・レジャーのよりいいなあ。
俺の知ってるジョーカーと違って心底惚れてる感がいいよね。

エンチャントレス様も何かかわいい。
変な踊りしてるし、一体ずつ作ってんのかよとか、弟いないとわりとダメダメだなお前感も。
エンチャントレス様はわりと最初から最後までうかつでマヌケ。

カタナさんは日本語でしゃべってくれるよ。
ズコーってなるよ。
そこも日本語字幕つけてくれってなったよ。
取ってつけたように設定を口で話してくれるよ!
見た目ほど印象的な活躍しないよ!

デッド・ショットは主役に近い位置だけにクソつまんないキャラクターになってるけど、雑魚一掃するところとかかっこいいのでよし。
でもなんかお前のガキ大事話しつこいんでもういいです感が。

バットマンとフラッシュも出るよ!(助けてくれないけど)
リーグ作ったらそのチームつぶすから解散しとけってバットマンが。

最近のアメコミ映画にしてはハデさもカタルシスもイマイチたんないけれど、ハーレイ見にいく分には最高だったよ!



[PR]
これはアレだな俺が見たかったスーパーヒーロー大戦。
なんかこう大きいアレにミサイル撃ちこむ感じは最初のムービー大戦の仮面ライダーJ思い出したね。
あんなんと一緒にするな感はまあございますが。
日本の特撮よコレがヒーロー映画だ ! 的な。
やっぱヒーローを理由付けて戦わせる以上双方対立するに納得できる理由作らないとダメよね。
今回の理由は過去の映画でいろいろ被害だし過ぎました…
シリーズ見てれば見てるほどまあねそりゃねと納得できる痛いところである。

今回は2D字幕で見ました。
いつも見てるところがIMAXかMX4Dでしかやってなくて。
3Dメガネ嫌いな上に無駄に高いので、一つ遠いところに。
吹き替えが見たかったのだけれど、席に余裕のある字幕に。
アントマンとかは字幕で見たんだけど、アベンジャーズはコレまで吹き替えで見てたのでキャップの声とかすげえ違和感あるな。
別に映画は吹き替え派ってワケでもないけれど、こゆヒーローアクション映画は日本語の方が脳髄にドンと入ってくるし、アクションも追いやすいからねえ。
芸能人吹き替えだってもう何回も付き合ってんだからその声でなじんでるんだよ。

感想としては面白かった。
もはやこのシリーズにそこは何の不安も感じてないんだけれど、毎回ちゃんと想像の上を行ってくれる楽しさ。
ああエンターテイメントって素晴らしいって毎回感じさせてくれる。
ただまあスケールとしてはグッと小さくなっている。まあ被害出して怒られてる話なのでそうドカーンもねえだろって事なのかもしれない。
しかしアベンジャーズもウルトロンも今回も内輪もめか。そしてガンガン身を滅ぼしているのだなあ。

後からねじ込んだであろうスパイダーマンもさりげなく話の筋とは無関係でない存在として入れ込む脚本は素晴らしい。
スタークたちの今揉めている事の信念に基づく戦う理由を持つ少年。スカウトしちゃうなこれは。
あと今回のメイおばさんは若過ぎて間違いを起こしちゃいそうです。
多少何か全員顔合わせのシーンはCGです感が強かったけれど。

あと今回の新顔2のブラックパンサーこと陛下。
現れると「陛下」と呼びたくなる陛下もかっちょよかった。
この人もうまい事話のテーマにそった存在になってて素晴らしい。
人の振り見て我が振りも直せる陛下、さすがです。
どっちも単独映画楽しみ過ぎる。

ウィンターソルジャー軍団は残念だったけど。
こちらも4人だったから一人ずつかなと思ったけど。
まあ醜くも悲しい最終決戦の犠牲になったのだ。

キャプテン死んでバッキーが二代目になるのかなと思ってたけど、違いましたね。
今回の見所はヘリを止めるキャップの力瘤。
キスシーンを見てニヤニヤする親友たち。
雑魚だと思ってたら色々できるぜファルコンさん。
の三本で。

そうそう前の映画であったヒーローと再会して一言言う感じも初期ムービー大戦ぽい感じかも。
思ってたよりずっとキャプテンアメリカの映画だった。

これからも目が離せませんなあ。
[PR]
去年は特にホラー映画に目覚めた年だったので、ちょいと思い出して去年借りて見たのメモってみた。
こゆ時ブログやってると思い出し易いね。
△が普通
●▲は出来としてはともかく特に好きなの。

f0128873_22582624.jpg

f0128873_2258780.jpg



ゾンビ映画からシフトした感じなあ。
正しくはホラーってよりスプラッタなのまとめて。
[PR]
薦められたファイナル・デスティネーションが面白かったので、今出ている5作を制覇。
シリーズ物は大体どれかはすごくつまらないものがあるのだけれど、基本構造がしっかりしているのか、どれも楽しく見れた。
まあその中で優劣は発生するものの。


主人公が事件を予知。その場で暴れだし、何人かがついていく。事件発生してその何人かは生き残る。
そこから死の帳尻を合わせるために順々に事故死していく。
何人か死人が出たところで主人公が帳尻合わせに気が付き、生き残りにその事を伝える。
信じないやつとかがいい感じに死んで、死のルールが見えてくる。
そこを何とか搔い潜り、死のルールから離脱する。
と思ったらオチで全滅する。

というのが毎回の大体のパターン。
何かが殺しにやってくるわけではなく、その場にあるものが連鎖的に組み合わさって殺しに来る、誰が言い出したのかヒトコロスイッチ。
これで死ぬのかな?あれで死ぬのかな?と周りの危険なものわ映しつつ、フェイクだったり色んなものの合わせ技で面白スプラッタな感じの悪趣味楽しい映画。

1・ファイナル・デスティネーション
2・デッドコースター
3・ファイナルデッドコースター
4・ファイナルデッドサーキット
5・ファイナルデッドブリッジ
の順番で出ており、どれがシリーズでどれが何番目かすげえ分かり難いつくりに。
原題はデスティネィション2とかなのに邦題で余計なことしちゃったんだってさ。
俺も今まで見てなかったのどれがどれだかわかんなかったから。
レンタルビデオの棚だと、またヒット作だから似た様なタイトルの関係ない作品も多くあって。
同じ感じでまだ見てないのが最〇〇〇計画系。

個人的評価としては、面白いのは2と5、一番好きなのは3。
2と5は両方1は見た後がいい作りなので、3つでお勧め。
3自体は多分出来はイマイチなほうなんだけれど、死に方のセンスが往年のスプラッター映画感があって、安心する楽しさというか。
俺は好き枠に。

6作目もやるようだから次は映画感で見ようかなあ。
5作目で大分集大成感があったけど。
EDで今までのシリーズの死にシーンが流れるのw


[PR]
借りてきたものも大体見終わってやっとこさフレディVSジェイソンも借りれた。
元々これ見るためにエルム街の悪夢見ておこうってアレで。
ベースはエルム街の悪夢なので予習してよかったなと。
VSも結構面白かったし。ホラー映画らしからぬ殺人鬼同士の泥仕合と巻き込まれた不幸な人間達のアレ。
全体的な面白さはエイリアンVSプレデターよりずっと上だった。
スピードで翻弄するフレディとパワーで圧倒するジェイソンの…ちゃんとホラー映画の面白さもいい塩梅で入っていて…多分ある程度一般向けにしたいのかスプラッタ感はライトだったけど。

でついでにファイナル・デスティネーションシリーズを2本。最初のやつと次のやつ。
死ぬ運命を予知で回避しちゃった人たちが帳尻を合わせるためにどんどんピタゴラスイッチ死していく、なんか連鎖的に日常にあるものに殺されていく2000年からのシリーズ。
エアバックで死んじゃうところのやっちゃった感は爆笑だった。
でもDVDが傷ついてて1チャプター再生できなかったぞ。
前に宇宙人ポール借りた時もそれでさあ。
いやでも面白かったね。これはこの先のも見ていってもいいかもしんない。

ついでに見たやつ感想。

ザ・フライ
名前は知ってたけど見たことなかったハエと融合してどんどんゲチョゲチョになっていく男の人のお話。
手足溶かしたりはしたけど人は殺してないから最後は戻れるのかと思ったらそんな事も無かった。
どんどん進行していくにつれて造形も主人公の精神状態も変化するからダレないし、丁寧に作ってあってやっぱ名作は名作だなと。
最後はちょっと泣いた。

ペットセメタリー
これも名前は知ってけど見てなかったもの。
死んだ人や動物を生めると凶暴になって復活しちゃうよ。ゾンビものでいいのかな。
しかしあんな小さい子がちゃんと演技できてて凄いなって。
あと猫が大して悪い事しないまま殺されて不憫。かわいい。
ある意味悲しい家族愛映画。
生き残った娘さんが主役の続編とかありそうでないのかな。
ペットが轢かれてもお父さん責めタリーしたらあかん、というお話。

悪魔のいけにえテキサスチェーンソー
リメイク作だったのねテキサスチェーンソー。ハートマン軍曹出とる!
まあベースは同じだからアレだけれど、悪魔のいけにえの方が面白かった。
なんか戸開けた、レザーフェイスいた! トンカチで頭ボコン。の遠巻きにワンカットであっさりやるのが逆に今見ると新鮮。
コントみたい。というか最後犠牲者女一人になってからの変な感じの畳み掛けが面白かった。
女の人叫びすぎだしすごい体力あるし、ガラス割りダイブ二回かましてるしねw
男三人凄く楽しそうだし、ジジイのトンカチで殴れのくだりのグッダグダ感。あの後のトラックのアンちゃん追いかけまわしてる絵とかもおっかしいんだよなあ。
ああこれは怖い方じゃなくて変で面白い方のアレだ。
原作踏襲してるのかテキサスチェーンソーも殺しが凄いあっさりなのよね。
いけにえほど後半の変さがないので、なんかもう割り切って主人公があそこからあの家族全員に復習はじめる展開だったら楽しめたかもしれない。
まあ実在の事件参考にしてるらしいからそこはダメか。

ミスト
謎の霧に囲まれてスーパーマーケットに立てこもった人たちの云々かんぬん。
外には色んなモンスターがうろうろ、中ではトチ狂った宗教家がいけにえを捧げろと先導。
色んな選択を迫られて大体間違いを選んじゃった主人公のまあ後味の悪いエンディング。
あともう数分待てば…が正解だったのか、もしくは宗教おばさんの言った通りのいけにえを捧げたから収まったのか。
面白かった。


まあ色々有意義な時間であった…
たーのし。
[PR]
11月の13日が金曜日だったのでジェイソンの話になり…
そこからフレディ対ジェイソンの話になって、それが結構面白いって聞き…
エルム街の悪夢見た事ないやって思ってレンビへ。
ついでに有名ホラー作品攻めようと思って色々。
ヘルレイザー123
エルム街の悪夢123
ハロウィン1
ザ・フライ1
ついでに
ミスト
テキサスチェーンソー
ブギーマン

とまあ似たようなのを。
でエルム街の悪夢を見たんですが、まあなんとすごい面白かった。
一作目は素晴らしい。アイデアに溢れてる。
こりゃあ話題になるはずだと。
でもなんか当時よくやってた日本のバラエティでパロディで見たものの元ネタが来ると笑えてしまって。
あとどうしても永谷園のお茶漬けを思い出しちゃうよね。
しかし2がかなりひどい出来でびっくり。どうしてこうなった級の。
そして3はそこそこ楽しかった。
でも1が飛びぬけてるなあ。

でツボったのはヘルレイザーの方。
こちらもシリーズ7作くらい出たホラーの人気シリーズなんだけれど…
ホラーというよりは特撮面ですごく楽しい。面白ギミックと面白怪人と。
なんかこうねっとりシーンを見せ付けてくれるというか。
ツッコミどころも多いし最高。
ヘルレイザーは2もかなり面白かった。
楽しくない地獄旅行!からのやっぱり楽しい怪人軍団。
スケールアップしたぶんツッコミどころも多くなって楽しい。
前半と後半のトーンがガラッと変わって前半は前作踏襲したホラーで、後半はもう何だこれってw
クリーチャーがレザー系で格好いいために並んでるとすげえ特撮ぽくていい。
1も2も特に何もしないままやられるグラサンとか最高。
燃えんのかよ!皮もろいな!一撃で死ぬのかよ!抜けないのかよ!なんか顔もげた!
後半の突っ込みどころの連鎖が最高。あと医者の頭のアレが完全にちんこ。
3がね。
まあなんか全体的には残念なんだけど、面白怪人大集合と突っ込みどころの多さは楽しい。
後半もう爆発と火花の嵐。ドカーン!ドーン!
カメラ怪人CD怪人タバコ怪人新デブ怪人。
元DJが怪人にされてCD投げて切り裂く面白い人に。
それはいいけどタバコ怪人はヒロインの周りを回りつつ延々と根性焼きするというなんかこう。
ダメージ的にもあっつ!?あつっ!?くらいの何かで。
ある意味面白かったけどもう続きは見なくていいな感。
オススメしたいのは2だけど1がかなり好き。


ハロウィンはあんましあわなかった。
[PR]
アントマン観て来ましたよ、友人と。
最近彼女に振られたらしく付き合いがいいのだ。
まあ傷心ばなしも聞かされましたが。

面白かった。
いやなんか最近のいちいち話が大きくなりがちのアベンジャーズ関係の映画の中でほっと一息つけるミニマムさ。
話的にもヒーロー誕生話と洋画おなじみの娘のために頑張れる駄目お父さんの話なのでハズレなし。
ついでに軽いケイパームービーも入ってて楽しかった。
3馬鹿の活躍も楽しかった。
ただいざアベンジャーズに入っちゃうと3馬鹿抜きでアントマンの活躍だけで満足できる気がしないw
博士もスターク嫌いだし加入する時は揉めるんだろうなあとワクワする。


今回のいいところは敵も含めて何となく愛着を持てるところで…別れた妻の再婚相手の警官さんのアントマンが戦え終えた時の、主人公に対する感情の変化が目を見ただけでわかって、すごい俳優さんだなと驚きました。
すげえ目が優しくなってるの。台詞言う前にもう味方になった感がわかるというか。
主人公に対する態度は悪いけど、最初から最後まで正しい事しか言ってないんだよねこの警官。
悪役も哀愁と愛嬌のあるハゲで、初見この役者さんもう少し老けたら完璧にレックス・ルーサーやれるよなという、まあいい顔なんですよ。
ヒロインも博士もまあ絵になるよね。

マーベル映画のいいところは暗い雰囲気でもコメディを忘れないところ。
今回は特にコメディ寄りで3馬鹿のバック連呼やトーマスと変わった犬で会場から笑いが漏れてましたね。
なんかあんましクライマックスでトーマスで出てくるから、予告編見せすぎじゃね?と思ってましたが…
予告編で出てきたトーマス脱線から後、ガンガントーマス攻めでかなりシュールで楽しかった。
トーマスの顔のシュールさはやっぱりあっちでもそういう認識なのだなあと。

でまあ、アントマンだけに蟻がいっぱい出てくるんですが、これもいいラインで嫌悪感感じるギリギリのCGでわらわらしてましたね。
もっとリアルにしようと思ったらいくらでも出来るんだろうけれど、いい塩梅で。
それでもやっぱ家とか車の中ワラワラ出てこられるとちょっとうわっと来るね。
あの砂糖はちょっと入れて飲みたくない。
何とかかわいげを出そうと苦心してる感じが。
それでも虫駄目な人は駄目かもしれない。
後半はもうヘリと戦闘機部隊みたいでしたが。


不満点は前半の長さと全体の長さ。もう20分くらい短く出来たろうしもう少しダレなかったはず。
後半のたたみかけが楽しいのでさほど気にはなりませんが。
あとスーツ装着感が一瞬で変身感が薄いのが残念。
なんか着替えから次のカットにはもう全部着てる場面ばかりでそこはちょっと不満。
ついでにあんましベルトはいじらないんだなとwまあこれは日本の特撮好きなせいかな。
あの問題の解決が博士の用意した手持ちのアイテムで何とかなっちゃうのもちょっと拍子抜けか。

ともあれすごく楽しかった。
ウルトロンにはなかったED後の次への布石も復活したし。
スタン爺さん最後らへんまで出てこないから見落としたのかと思ったよw

いやー楽しんだ楽しんだ。
久しぶりに人と一緒に見たので終わった後の感想の言いあいが楽しい。
仕方ないからしばらく一人で行くことが多いけれど、やはり映画は一人で観に行くものではないなと。


シビルウォー超楽しみだ。


ファンタスティック・フォーは見に行かないけど…スターウォーズは観に行こうかな。
[PR]
アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン観て来ました。
いやー…いや…面白かった。
前評判があんまし芳しくなかったからちょっと不安だったけど面白かったぁ…
でもなんか、話的なところは多分もう一回見たら引っかかるところ多い気がする。
しかしまあすでにここまで追いかけてアベンジャーズメンバー大好きになってる人向けではあるよね。
なんか冒頭からチームとして完璧に仲良くなってるのは意外ではあったけれど。
パーティシーンも楽しかったし。
ソーのキャップに対する信頼度はダークワールドでも見せてたし(意外だったけど)
やっぱハゲ眼帯いない方がまとまりいい気がする。

感心したのは、前作のアベンジャーズ。個人的には最高だけど、それなりの不満点もあった。
それを今回はほとんど改善してきてるが素晴らしかった。
まずキャプテンがちゃんと活躍する。
微妙にCGが荒かったのも大分進化(飛んでるトレーラーとかちょっとアレだけど)
前作は頭つぶすと全停止しちゃう雑魚軍団を最後の一機まで。
どっかで見たような感の多かったアクションなどがかなりならでは感のあるシーンが多く。
仲間の活躍差が大きい…は大分改善されたけど、今回はハルクとソーが若干地味かな。
前作も不満ってほどではないんだけれど、ボスとなる敵が、やっぱそんなに強くないっていうのはまあ。
ま、ヒーロー全員無双してくれるような大物は3でね。ガントレットゴリラがね。

でー、今回の新キャラ。
誕生までの一回目の失敗や微妙に途中までウルトロンのデータ流してたり、賛同してるのが精神的に不安定な社長とバナーってのが敵か味方か感の危うさはすごかった。
それを一瞬で覆すあのアイテムの説得力。
でもあれ、ウルトロンだと持てないのかしら。
まさかでてきたのがリアルなアンパンマンだったとは…
しかしあの格好マンオブスティールのスーツと似てるよね。
そんで今回すんげえ速いヤツといつもの弓矢さんがいるものだから…
これジャスティスリーグで見たかったなあって。
グリーンアローとフラッシュで見たかったよぅ! 基本DC派なんだよう。
マンオブ見てる限りじゃリーグ結成しても痛快感のある作品にはなりそうもないそうだしなあ…

今回は社長は相変わらず活躍、キャップは戦闘力と頼りがいがアップ。盾はその倍くらい大活躍。
ソーはまあちょっと弟さんいない分地味だったけれど普通の服着て戦ってると格好良さが3割増しだし。
いやあの格好がダサいとかじゃなくて…いややっぱクラウザーさんみたよね。
しかし素敵なゴッドスマイルは健在。
その分ムニョムニョが大活躍だった。
ハルクはともかくバナーはロマノフ関連で出番多く…ホークアイが大活躍。
死亡フラグ立てまくっててびっくりしたけど。
『外へでたら君もアベンジャーズだ』でちょっと泣きそうになりました。
今回で最後にするとか言ってたけどそうも行かないのだろうなあ。

そうそう地味にうれしかったのはアイアンマン3で誰だかわかんなかったバナーや、ウィンターソルジャーで髪型変えてたウィドーが元に戻してて引っ掛かりが消えてたのがよかった。

ただでさえ大所帯なのに仲間が4人増え、ガーディアンズオブギャラクシーの連中にアントマン、新スパイディも来るとか来ないとかで、次はどうまとめるのやら。
しかしこの…アイアンマン3作、ソー2作、ハルクにキャップ2作、アベンジャーズでこのウルトロンを全部楽しむにはそんだけ見てなきゃなんないというね…GOGはまあこれからだし。
今回のウルトロンはまあアベンジャーズとウィンターソルジャー見とけばまあ何とかならない事もないけれど、細かいところは全部見てないと加減は前作アベンジャーズより高め。
まあこれから見ようって人はまあおるまいとは思うが。

全体的に話は暗めだけれど、アクションは痛快でちゃんと笑いどころも多く燃える。
一つ引っかかったのは、あいつらのバナーに対する恨みはそれとこれとは別の話だよねえというところ。
アベ3で少し突き詰めるのかなあ。

アベンジャーズ以降出すもの出すものそれを上回っているので、これからの作品も期待せずにはいられない。
でも多分アントマンはレンタル待ちかも(汗





あ、あとハルクバスターの強さと卑怯っぷりは最高だった。
金に物言わせすぎw
[PR]