タグ:レビュー ( 55 ) タグの人気記事

デデデデデデデ♪
『超攻合神サーディオン』
SFC時代の少年青年ならそれなりに目にした事も多いであろう経験値制レベルアップのあるロボットアクションゲーム。
f0128873_1302959.jpg

なんでコレがわりと有名なのかといいますとー…ワゴンの常連さんだったから。
裸カセットで500円のワゴン群れに高確率で紛れていました。
そしてまあ…パッケージのロボットに誘われて買っちゃう子供が多かったのだと思います。
だって俺がそれだし。
なんかほらジーコサッカーとかよりはいいと思うじゃん。





つづき
[PR]
ロボゲスキー実質二回目はPC-FXで出てPSに移植され現在はゲームアーカイブスでも配信されている『惑星攻機隊りとるキャッツ』
育成系の恋愛シミュレーション+ロボ戦略シミュレーション。
f0128873_2043334.jpg

俺がやったのはPS版ですね。
FXやりたいゲーム多いんだけど手が出ないなあ。ソフトもプレミア付いてたりするし。
それは置いといてと。





つづき
[PR]
ロボゲーの小説版とか漫画版とか好き! 
という事で機甲兵団J-PHOENIX(外伝編)
…今回でJ-PHOENIXは終わり!
一回で終わらせる予定だったのに長くなっちゃって。

それなりにメディアミックス展開なんてしてるロボゲーは小説や漫画アニメなども出てたりします。
特に小説や漫画の場合は本編とは違うが遺伝的なものをやる事が多いので、本編の世界観を広げ、本編がまた楽しくなってくるって寸法のアレですよ。
J-PHOENIXも例に漏れず両方出ています。
珍しいパターンでゲームに本編の外伝的アニメがついて来るという、今の限定アニメDVD付きコミックスみたいな売り方をしています。
地上波でアニメをやるからお試しに限定版に一話付いてくる、なんてのはあったりはしましたが、限定ですらないセットというのは他に例がないんじゃないんでしょうか。
マクロスFみたいにアニメのオマケにゲーム付いてるってワケでもなかったし…

な感じのJ-PHOENIX(外伝編)です。





つづき
[PR]
ゲームロボットが好き!
私ロボゲーが好きというよりはロボゲーに出てくるオリジナルロボが好きなのです。
名前つきの主人公とちょっとしたストーリーなんてあると最高。
J-PHOENIXみたいな3Dゲームはモデリングもありがたいですが、やはりこう元のデザインがみたいのがあれば嬉しい。

J-PHOENIXで目立つのはまずは主人公の乗るJファー・カスタムとタイトル機のJフェニックス。
こうアレね、量産型の指揮官型チューンナップされた機体から航空性能備えた羽生えた新型ってのがまたそそるじゃないですか。
惜しいのはJフェニックスがあんまり強くないのでそのまま使いにくいところか。
こうカスタムして遊ぶゲームとはいえ、主人公とその機体のバリエーションってのは大切ですよね。
Jファー→Jフェニックス→Jアームド→アルサレアGSな感じで。
夢が広がる。

しかしまあ劇中で動かしてときめく分もいいですが、やはりこう紙媒体というか、資料的なものがほしい。
私は絵を描いたりもするから余計ね。
そうなるとまずは攻略本あさりですわな。
昨今ネット検索すれば攻略サイトなんて腐るほど引っかかるわけですから、攻略本に求めるのは資料的なもの。
あとインタビューとか?
という事でそこらへんも紹介。




つづき
[PR]
ロボゲーが好き!
クソゲー率も高いけれど、それだけに安価で手に入りやすいし、広い心でやったらいいじゃん?
を助長させたい目的のロボゲーレビュー。というか紹介。

そんな感じで第一回はPS2で6作出ている 『機甲兵団J-PHOENIX』
f0128873_1535791.jpg


『機甲兵団J-PHOENIX 序章篇』
『機甲兵団J-PHOENIX』
『機甲兵団J-PHOENIX バーストタクティクス』
『機甲兵団J-PHOENIX コバルト小隊篇』
『機甲兵団J-PHOENIX2 序章篇』
『機甲兵団J-PHOENIX2』

実質4本なのは秘密だ。
XBOXに一作移植されてますが、私はやった事ないです。

ゲーム性は大味なアーマードコア。
に、ヒロイックさをプラスした作品。
つまりロボットのパーツを組み合わせてミッションをこなしていくタイプのアレ。
それだけにロボゲーではわりとオススメしやすいちゃんと(?)したゲームになっています。
最低限初期PS2クオリティを満たしていて、多少難はあってもロボット者ならずともゲームとしてお勧め出来るレベルです。
言うてもこのジャンル多少どころではない難が多いから…その中ではとても良心的です。
アーマードコアのシステムで胸にライオンついてるロボとかメイドロボとか作って動かせる!
と聞いて心踊る人向け。
私がそれ。ええそれ。
ただし期待値は同時期のアーマードコアマイナス30点、くらいの気持ちで挑もう。

それでは個別に紹介してみましょう。




続き
[PR]